インド製手織りクルショール・ストール、手編みくつ下を直輸入販売。クルショール&ヒマラヤ雑貨「ヒマラヤンナチュラル」

クルショール・ストール・ヒマラヤ水晶・インド雑貨のお店「ヒマラヤンナチュラル」

ホーム  | お買物方法 | 配送方法・送料 | お支払い方法 | 特定商取引法 | お問い合せ | カゴの中を見る



手織りショール

 良質ウール
 ナチュラル
 ウール
 パシュミナ
 アンゴラ
 ヤク
 セール品

ストール

 ウール
 アンゴラ

手編み靴下

 Mサイズ
 Lサイズ
 メリノウール

リボン

手編み手袋

お香



 ショールについて
 お店紹介
 インドについて
 ヒンドゥーの神様
 リンク
 インド旅行記
 旅行記〜風の谷〜
 お取扱店・出店情報
 店長のブログ
 お客様の声BBS



ヒマラヤンナチュラルは、インド北部ヒマラヤ山麓ヒマーチャル・プラデーシュ州の伝統的な手織りショール・ストール、手編みくつ下など天然素材の商品を扱うインド雑貨店です。




ヒマラヤ水晶専門店

ヒマラヤンナチュラルクリスタルと2店舗併せての 同時購入もできますので、どうぞご利用ください。








手数料無料サービス!
ホーム > インド旅行記 > 其の四 ヒマーチャル・プラデーシュ州 スピティ 後編

  其の一 ヒマーチャル・プラデーシュ州 クル〜マナリー〜ダラムシャーラー
  其の二 ヒマーチャル・プラデーシュ州 キナウル
  其の三 ヒマーチャル・プラデーシュ州 スピティ 前編
  其の五 聖地巡礼 バラーナシ 
  其の六 聖地巡礼 リシケーシュ
  其の七 聖地巡礼 ガンゴートリー〜ゴームク  
  其の八 聖地巡礼 マンタライ
  其の九 聖地巡礼 ブリグレイク


 ◎ キッベル(Kibber) → ゲーテ(Gate) → キー・ゴンパ(Ki Gompa)  徒歩
 ◎ キー・ゴンパ(Ki Gompa) → キバル(Kibber)  ローカルバス(10Rs)
 ◎ キバル(Kibber) → カザ(Kaza)          ローカルバス(15Rs)
 ◎ カザ(Kaza) → マナリー(Manali)         貸切りジープ(一人250Rs)

 キバルから歩いてキー・ゴンパへ

スピティ地方の中に数多くあるゴンパ(僧院)。その中で一番有名なのがここキー・ゴンパ(Ki Gompa)。キバル村から歩いて目指します。バスで下ることも出来ますが、地元の人によればそんなに遠くもないらしいし、せっかくこんな場所に来ているんだしって事で。

村からほぼ平坦な道を歩き、小さな集落ゲーテ(Gate)に到着。
本当になーんにもない道。人っ子一人いない。お散歩していた一匹のワンコに遭遇するが無視される。
ゲーテへの道   
休憩していた地元のおばちゃん達にチャパティとチャイをごちそうになりました。優しさに感謝。
ゲーテの家族
休憩を終え出発。さてここから目指すキー・ゴンパは何処?と思っていたらどうやらひたすら崖を下るらしい。よくよく見てみるとすごい道。映画「キャラバン」を思い出した・・・。



恐る恐る下ります。高所恐怖症の私には結構厳しい高さです。滑りやすい砂利道と強風にあおられ死の恐怖を感じました。地元の人は冬には雪の積もったこの道を下って町まで行くらしい・・・。だんだんゴンパが近くに見えてきます。


   
ようやくゴンパに到着すると、チベタン僧侶達がお経を唱えていました。1日に数回この場所に集まり祈りを捧げます。子供たちの素顔はみんな無邪気。
祭壇にはダライ・ラマ14世の写真が飾られています。



曼荼羅にはチベット仏教の世界観が描かれています。
   チベットの祈り   曼荼羅
こうやって改めて写真で見ると丘の上に建つどこかのお城のようです・・・。 



帰りはさすがに歩く気力もなくバスでキッベル村まで戻りました。キッベルからはまたバスでカザへ下ります。

▲ ページトップへ

 4551Mのクンザン峠を越えてスピティを後に・・・

いよいよスピティともお別れ・・・。カザでジープを貸切りマナリーへ。タイミングよくマナリーからカザへ来たジープと交渉すると安く貸切れます。ローカルバスよりは楽です。帰りの道も景色は絶景!しかしこんな悪路を相変わらず運転手は爆走していました。

遥か遠くにはヤクや羊の群れが・・・。この景色はどこまで続くんだろう。

更に標高を上げ、目の前の山には巨大な氷河が出現。
 

そしてついに標高4551Mのクンザン峠(Kumzum Pass)へ。人生で一番高いところに今立っています!強風が吹き抜けてゆきます。じっとしていると寒い・・・。
この峠からしばらく歩くとチャンドラ・タル(Chandra Tal)という「月の湖」という意味の湖があります。
今回は時間がなかったけれど、次回は必ず行ってみたい場所です。
  
   
スピティ最後の夕暮れ。その後もひたすら走り続け夜中になんとか無事マナリーへ到着しました。
スピティの夕暮れ              

▲ ページトップへ

ホーム  | お買物方法 | 配送方法・送料 | お支払い方法 | 特定商取引法 | お問い合せ | カゴの中を見る

Copyright (C) 2011 Himalayan Natural All Rights Reserved.